KUHAKU
no
MEMOCHO

WEBサイトのリンク切れやパーフォーマンスをワンクリックで一括チェックできる『WW checker』が便利そう

WEBサイトのリンク切れやパーフォーマンスをワンクリックで一括チェックできる『WW checker』が便利そうのサムネイル

お久しぶりの記事です。

最近少しバタバタでして、WP_Queryの記事はまた時間があるときに更新するので少し遅くなるかもです。
ゆっくりですが最後まで書いていくので長い目で見てあげてください。

今回はたまたま見かけたWebサービスが便利そうだったので実際に使ってみながら評価を書いていこうかと思います。

WW checkerとは

WW checker
checker.webworkflow.jp

それでは早速見ていきましょう。

サイトによるとWW checkerはワンクリックでWebサイトのリンク切れやページの表示速度、meta情報の確認などができるサービスだそう。
Webサービスとしてはまだ出来立てのとても若いサービスっぽい。

サイトのキャッチコピーは「Webサイトのクオリティ、1クリックでチェックします」。

Webサイトのトップページを登録すると、クローラーのように下層ページを自動で探してチェック対象のページとして追加してくれ、サイト全体のリンク切れ等を一気にチェックしてくれるサービスとのこと。

トップページの登録のみでサイト全体をチェックしてくれるとはとでも便利ですね!

プラン

プランはFree・Solo・Teamの三つがあるようです。

現在はβ版のため、Soloプランのみのようですが、Teamのプランを選択するとプロジェクトメンバー間でチェック結果などが共有できるようになるようです。

下記、スクショです。
プラン一覧

本公開になると無料では10ページまでしかチェックされないようですね。残念。
個人の希望としてはサイト数は1で良いとしてもページ無制限にしてほしいですね。

WW checkerの使い方

それでは早速実際に使いながら使い方を見ていきましょう。

新規登録

このサービスは会員登録が必須なようなのでまずはサイト上部の新規登録をクリックして新規登録をしていきます。
Googleアカウント、Facebookアカウントを使用したソーシャルログインも使用可能みたい。

会員登録

今回はメールアドレスを使用しての登録をしていこうと思います。

メールアドレスと希望パスワードを送信したら仮登録が完了するので送信されたメールからメールアドレスの確認。

サイトを追加する

確認が完了したら「同意して利用を開始する」をクリックしてダッシュボードに入れます。
ガイドが何も出てこないのでこっからは僕の独断と偏見で進めていきます。

サイドバーに「サイトを追加する」というボタンがあるのでそちらをクリックしてみる。

サイトを追加する

そうするとサイトの登録画面が表示されるのでサイト名、トップページのURLを入力していく。

ベーシック認証関連の項目も出てくるけど一般的に公開するサイトならここは不要。

とりあえず入力してサイトを追加。

ページを追加する

おっとここでアラートを使ってのガイドが出てきた。

なのでガイドに従ってページを自動で追加してみようと思う。

自動追加

チェックリストの受付が終わるとページ遷移やウインドウを閉じても大丈夫とのこと。

チェックが終わるまで約5分だそうなので暇だから他を見てみる。。。

他と言ってもダッシュボードとサイトを追加しかないのでとりあえずダッシュボードを見ることに。

ダッシュボード

うーん。特に何もない。

エラーをチェックする

何もないのでとりあえずサイトの詳細をクリックしてチェックの結果を見ることに。

あれ、チェック結果が見れない。なんだこれ。

しょうがないからもう一度全ページをチェック。

チェックをする

ここで気が付いたのだが先程のはページの追加のみでチェックはしていなかったみたい。

チェック履歴

というわけで結果待ちをしようと思ったらもう早速エラーが5つ出てる。笑

ちなみに今回のチェック項目は以下のとおり。

チェック項目

ここは変えられるのかな?ちょっとよくわかりません。

あ、どうやら右上のサイト設定からページチェック設定でチェック項目を変えられるみたいです。

ちなみに初期設定ではデバイス設定がPCのみになっているようなのでレスポンシブではなくスマホはリダイレクトで専用サイトを用意していたりする方はコチラにチェックも入れたほうがよいかと思います。

ちなみにこちらのサイト設定からサイトごとにメンバーを招待、編集できるようです。

結果を見る

おっとここでサイドバーのサイトの横に表示されていた青いマークが赤に変わりましたのでチェックが完了したのかな。

サイドバー

お、完了になっています。
チェックにかかった時間は14分8秒でした。思ったより長かったです。

それでは結果を見ていきましょう。
ちなみにエラーの合ったページはチェック履歴の下に一覧で表示されています。
全17ページでエラー17件。おそらくヘッダー、もしくはサイドバーですかね。

チェックページ一覧

チェック結果を押すと取得したサイトの情報、チェック結果が一覧で出てきます。
エラーは薄い赤の背景が付くようです。

チェック結果

今回のエラーはリンク切れでした。サイドバーに設置している広告のリンクです.

サイドバーの広告のASPは『Link-A』さんを使用しているのですがコチラはボットをアクセスNGにしているので問題はありませんでした。

Link-Aの登録はコチラ
↓↓

内部サイトのみではなく外部サイトのリンク切れまで一括チェックしてくれるのは便利ですね。

ただ17ページで14分かかるのは少し難点ですが、リンク切れのほかにOGPプロパティやGoogle API認証をすればページの表示速度を測れるGoogle Page Speed Insightも一括でチェックできるのでなかなか使えるかと思います。

以上、勝手にWEBサービスのご紹介でした。
画像いっぱいの記事になってしまって申し訳ないです。

WW checker
checker.webworkflow.jp

FB Comment